価値ある着物が雑に扱われないために注意すべきこととは?

着物買取の注意点と知っておくべきこと


古い着物は、金属のサビなどで着物に銅の緑色、鉄の赤錆がついてしまっていることもあります。

証紙がついている着物でも、礼装、黒留袖であっても、中古の着物は冠婚葬祭において縁起の良いものではなく、なかなか買い手がつかないということもあって、どうしても金額は下がってしまいます。

礼装でも1着3000円から6000円程度になってしまう事が多いので、数万円もするような価格がつくのは非常に稀だということを理解しておいて下さい。

振袖などは、中古品でも比較的安定した価格が付き、成人式や花火大会の時の着物レンタルなどでもよく選ばれるため、デザインが良いものは1000円から5000円で売れる可能性があります。

需要と供給の絶妙なバランスで買取価格が決まる上、着物という特別な装いの特性上、難しい点があることもご了承下さい。

 

本当に良い着物は直接査定すること


実家にて、かなり厳重にお手入れも保管もされていて、もう着ることのなくなった上等な着物は、出張査定人ではなく、本物のプロの査定人に直接査定してもらいましょう。

もちろん、プロが査定に出てきてくれることもありますが、ものによっては博物館に送った方が良いレベルのものや、文化的価値があるような着物が残されていたという事例も稀にあります。

おそらく上等だろうという着物に関しては証紙なども確認して、正しく評価できる買取会社を利用しないと、せっかくの価値ある着物が雑に扱われてしまう可能性があります。

 

出典:https://xn--w8j6ctc722rep0d.jp/

コメント

  1. できたら数社比較するのが良いんだろうけど面倒だしね。
    着物は着物査定で評判の良いところにお願いするのが一番かな。

  2. 着物は買うよりレンタル派。
    畳み方も保存方法もよく分からないし着る機会もなかなかないし。
    そもそも着付けできないし。

はなも にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。