【初めてのヨガ】服装選びの基本とポイントを紹介!

はじめて行くヨガスタジオは、わからないことだらけで不安がつきもの。なかでも「ヨガをするときに何を着ればいいの?」というお悩みは多く聞こえてきます。

よくスタジオの説明書きなどに「動きやすい服」と書かれてはいるけれど……。ヨガにおける動きやすい服とは、具体的にどんなデザインなのでしょうか。
それにおしゃれはしたいけれど、まわりから浮くのは嫌!

今回は、ヨガの服装の基本と選び方のポイントを紹介します。

 

初心者向け! ヨガの服装の基本

ヨガのレッスンにはバラエティーに富んだ内容がありますが、それに合わせて、どんなものをチョイスすればよいのでしょうか。
まずは“これさえ持っていれば大丈夫!”という、基本アイテムからご紹介します。

 

ブラトップやスポーツブラ

体の動きに集中しながら、ストレスなくヨガを行うためには、適度に体にフィットしつつ締めつけすぎない下着を選びたいもの。

特にワイヤーなどが入った補正下着は、ツイスト系のポーズ(体をねじるポーズ)や呼吸法を実践するときに、心地よさを妨げることもあります。

ストレッチ素材のブラトップやスポーツブラ、またはブラカップつきのキャミソールがオススメです。

 

レギンスやヨガパンツ

ヨガでは「あぐらの姿勢」がよく登場します。これを行う際、伸縮性が少ないパンツはヒザまわりや太もものツッパリ感が気になりリラックスできません。

また、脚を開いたり、屈曲したりするときに、股関節のまわりに布地が重なるようなデザインも動きの妨げに。

装飾のないシンプルなデザインで、ストレッチのよく効いたレギンスやヨガパンツが快適です。

 

Tシャツや重ね着用のトップス

ヨガのクラスの多くは、前半にじんわりと汗をかくようなダイナミックな動きのポーズを行い、後半に向かって静かで瞑想的なリラックスタイムに入っていく構成をしています。

クラスの最中、適切な温度調節を行うためにも、ブラトップやキャミソールの上に、脱ぎ着できるTシャツやトップスを重ねていると便利!

 

ハンドタオル

汗を拭く目的はもちろん、仰向けになって寝転ぶ「シャバアーサナ(ヨガの休息)」の際、アイピロー(アイマスク)代わりにも使えるハンドタオル。

また、ヨガグッズの準備がない場所でヨガを行うときにも有効! たとえば、つま先にタオルをかけて前屈ポーズの補助ができるなど、ヨガポーズをとる際にも役立つ便利で優秀なアイテムです。

 

ヨガウェアの選び方とポイント

ここまでコーディネートを紹介してきましたが、サイズ選びや機能性の高い素材選びなど、もう少しくわしく解説していきます。

近年のヨガブームに乗って、ヨガウェアもどんどん進化しています。お気に入りのデザインを選びながら、しっかりポーズを取るための機能性も重視していきましょう!

 

(1)ジャストサイズを選ぼう

パンツの裾が長いと、かかとが引っかかり、転倒のリスクに。

ゆるいブラトップやキャミソールは、四つん這いの姿勢で胸元が開き、肩ひもが落ちてしまうことも……。

日常とはちがう動きをすることを念頭に置き、最適なサイズ選びましょう。

 

(2)静電気や摩擦音が出ない素材がGOOD

意外と盲点なのが素材のチョイス。

動きやすくても、トレーニング用のシャカシャカ素材は、静かな空間で音が気になります。重ね着した際に、静電気が起こる素材も“気が乱れる”ので、控えたいところ。したがって、できればジャージも避けるといいでしょう。

気持ちいい素材をまとうのがオススメです。

 

(3)装飾のないシンプルなデザインを

生地に凹凸ができる装飾や金属性のチャックなどは体を床に伏せた姿勢のとき肌にあたり、ポーズの妨げになる場合も多くあります。

また、フードのついたパーカーもオススメできません。仰向けの姿勢で首のうしろをもたつかせるので、ないほうがベター。

 

(4)生地の「薄さ」チェックしてる?

購入時には気がつかなかったけれど……。ヨガのポーズで足を開き、お尻周辺をストレッチする動きによって、レギンスの生地が引き伸ばされ、下着が透けて見えることも。

タイトなシルエットは、試着のときに生地の薄さのチェックをお忘れなく。

 

(5)汗かきさんは機能性素材を選ぼう

汗をかくとワキの汗染みが気になりますよね。それによって腕を上げるポーズがぎこちなくなるなど、伸び伸びできないヨガなんて本末転倒!

女性のデリケートなお悩みを払拭させる「汗染み防止素材」という画期的な素材のヨガウェアも開発されています。気になるときは素材に目を向けてみてください。

出典:https://news.nifty.com/article/item/neta/12163-333691/

コメント

  1. これ、ヨガじゃなくてもスポーツジムあるあるです。服装一つでモチベが変わるしね・・・

  2. スポーツウエアは全て汗ジミ対策して欲しいです。スポーツは汗かくの前提でしょ。

  3. ヨガウエアってブラも含め種類豊富、女性的なデザインが多くてテンションあがります!

ホットココア にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。